分離してしまったチョコレートを復活させる方法

  • 2020年2月13日
  • 2020年2月22日
  • 暮らし

明日はバレンタインデー♡
手作りをされる方も多いのではないでしょうか。

チョコレートを使用したお菓子で失敗する原因といえば分離!!
チョコレートが分離してしまうと、せっかく手作りしようと思ったのにー!
と発狂したくなります。笑

 

なぜ分離してしまうの?

分離してしまうにはいくつかの理由が考えられます。

チョコレートを溶かすときの温度が高すぎる

チョコレートを温めすぎると分離してしまいます。
湯せんの温度は約50℃くらいにしてください!

チョコレートに混ぜる生クリームの温度が高い

生クリームは沸騰させてはいけません。
指を入れて少し温かくなったなと感じる程度でチョコレートと混ぜてください。
生クリームは沸騰しやすいので注意が必要です!

チョコレートの中に水分が入ってしまった

チョコレートの中に水が入ってしまうと分離してしまいます。
混ぜるために使用するへらやボウルなどに水滴がついていないかもしっかりと確認しましょう!

チョコレートが温まっていないのに混ぜてしまった

チョコレートは全体が溶けてきたことを確認して混ぜるようにしてください。
熱が全体に伝わる前に混ぜると分離の原因になります。

 

 

分離しないようにするために

下記のことを意識しましょう!

  1. チョコレートを溶かすときの温度は約50℃
  2. チョコレートに混ぜる生クリームは指を入れて少し温かいと感じる程度に
  3. 水分を入れない、水滴にも注意
  4. チョコレートは全体が温まってから混ぜる

 

 

もし分離してしまったら?

気を付けていても分離してしまうことがあります。
もし分離してしまってもすぐにあきらめないでください!

必ず復活するとは言えませんが、私が実際にやってみて復活した方法をお教えします!

  1. 分離してしまったチョコレートを加熱容器に入れて、生クリームを大さじ1ほど加える
  2. 電子レンジで15秒ほど温める
  3. チョコレートをゆっくりとかき混ぜる
  4. ②~③を何回か繰り返す

 

私はこの方法を3回ほど繰り返し、なめらかでつやっとしたチョコレートに復活しました!
そのままガトーショコラを作りましたが、とっても美味しくできましたよ。

あきらめる前に一度この方法を試してみてくださいね。